Chartbeatがもたらすヘッドラインの改革

Chartbeatのヘッドラインテスティングがとても好評なので、その機能詳細についてご紹介させていただきます。

Chartbeatとは?

Chartbeatは、NY発のパブリッシャー向けのコンテンツインテリジェンスツール、主にWebサイト上のコンテンツのエンゲージメントを軸にWebサイトの解析を行い、エンゲージメントを主なKPIとして最適化することによってWebサイトのロイヤルユーザを増やすためのデータ分析を行います。

Chartbeatのヘッドラインテスティングとは?

簡単に言ってしまえば、Topページの各記事の見出しをA/Bテストしてしまおう、ということです。

昨今のWebメディアではモバイルからの流入が大幅に増加。その中でも検索やSNSからの流入が多くを占めます。そしてここで抱える課題は、いかに検索やSNSから流入したユーザーにWebサイト内を回遊してもらうか。そして再訪問してもらうか。

Chartbeatのこれまでの分析によると、Webサイトに対してよりロイヤリティの高いユーザーは、Topページを利用する確率が高くなります。そしてここで目にするヘッドライン(記事タイトル)に興味を持ち、そしてその記事をクリックしてエンゲージする時間がながければ長いほど、より再訪問の確率も上がり、Webサイト全体のUXも向上、結果として全体のPVも継続して伸ばすことができます。

Chartbeatでは、このヘッドラインテスティングを用いて、ブラウザのプラグインから直接タイトルの編集を行い、複数のタイトル間でABテストを実施、最終的に最もパフォーマンスの高いタイトルを固定して表示することができます。そしてTopページからの流入を最適化することで、各ページのPVを増やすことができ、国内外のChartbeat導入済みのメディアの多くの方から、このヘッドラインテスティングがWebサイトのUX向上に大きく貢献したという声を頂いています。

Chartbeatのヘッドラインテスティングで実現すること

Webサイトの運営はデータとノウハウの蓄積が全てと言っても過言ではありません。データに基づかない取り組みは多くが思い込みで終わってしまい、その取り組みの最大限の結果を生み出すことはほぼ運任せになってしまいます。

そして、ここで得られた知見やデータを積み重ねていくことで編集チームのノウハウが集まり、新たな記事の成功確率がより高まり、そしてそこから得られる新たなノウハウが新たな取り組みを生み出します。

Chartbeatのヘッドラインテスティングで得られる、どんな記事にどんなタイトルが一番ハマるか、これは一概にすべての記事に対して同じようなタイトルの付け方を方向づけるものではなく、記事の内容や訴えたいメッセージによって大きく変わるものです。ヘッドラインテスティングを日常的に行い、最適化を常に行えているメディアではこのタイトルの方向性、パフォーマンスを最大限に発揮するためのノウハウを多く蓄積することができ、ユーザーの満足度も高いメディアを構築することに成功しています。

Chartbeatの導入

ヘッドラインテスティングを含むChartbeatの各種機能の導入は、Webサイト内のページへの簡単なスクリプトの追加のみで行うことができます。オンラインでのデモや、導入のサポートも行っています。ご興味のある方は、ページ下のリンクから是非お問い合わせください。